読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まきこまきの日々

まきこまれるのも、あり。

秘密のスイーツ はやしまりこ・作 いくえみ稜・絵

子供が勝手にガキの使いを録画してみてたんですよ

私も久しぶりにみちゃいましたよ

やっぱりおもしろいですよ

体を張って笑いをとる、すごいですね。

「クラスに、将来、芸人になりたいっていう子がいるけど、

 あの子じゃ無理だわ」

と、上の子が上から目線で言ってましたよまきこまきです。

 

下の子は、見ていてちょっと可哀想になったのか、

私の後ろに隠れてのぞいていました。

辛いソースに浸したマスクとか、サザエの肝ジュースとか。

うえええええええ

と背中から声が聞こえてました。

 

体を張るというか、人がやりたいと思わない仕事をする人ってすごいです。

 

たとえば、バキュームカーに乗ってる人。

うちは下水なのですが、市内でもまだまだ浄化槽の地域はあるので

よく見かけます。

窓をうっかり開けていて、うわっとなったりします。

子供たちには、やりたくないことをやってるのはすごいね

と、バキュームカーを見かけるたびに言っています。

私にはできないから、あの人たちはすごい、ありがとうございます、と。

 

私、学生の時に揚げ物屋さんでバイトしたことがあるんですが

体や髪を洗っても洗っても揚げ物のにおいがするんです。

 

そのころタイミングよく、

ラジオか何かで匂いのメカニズムを聞きかじったんです。

 

匂いのもととなる物から、匂いの分子が出てきて

空気中をふわーっとただようわけです

それが呼吸することで空気と一緒に鼻の中に入ると、

何かこう、よくわかりませんが

味覚とおんなじ感じで脳に匂いの情報が行くわけなんですね。

確か。

分子レベルなわけです。

それを聞いた時、ああ、じゃあ、この、鼻の奥に張り付いたような揚げ物臭は

本当に張り付いているわけで、

きっと、体を洗えば友達には臭わないはずだ 

と思っても、どうにもこうにも、寝ても覚めても揚げ物臭なんです。

 

しかし、店を閉める時間までいればほとんど捨て値で残り物を買えるのが魅力

カニクリームコロッケ10円でいいよーとかね。いいでしょう?

でも、体重も吹き出物も増えてしまって・・・半年頑張りましたがやめました。

 

で、何が言いたいって、バキュームカーのにおいってことは

そう、色んな人たちのうん〇ーーーとかの分子がね分子レベルでね

私の鼻の中にくっついてるってことなんですよね

ってことは、例えば、(嗅いだことないけど)腐乱死体のにおいってことはーーー

以下略

 

おお・・・

 

ちょっとつらくなってきたところで本の話

ゆうべは、上の子が、これ、面白かったよという本を。

 

「秘密のスイーツ」はやしまりこ

 

薄かったので、寝る前にはちょうどいいと読みました。

子供って、いや、私もそうですが、自分が面白かったものは

誰かと共有したいんです。

うちの子供たちはとりあえず面白かったら私にも読めと本を持ってきます。

私にも読みたい本がたくさんあるのをわかっているのに・・・

かわいいやつらめ!!!

下の子の読む本はまだ合間にささっと読めるんですが、

上の子のはすぐ読めるレベルじゃなくなってきていて

それでも2冊に1冊くらいは頑張って読みます。

今回みたいに薄いのとかね。

学校の図書室や図書館から借りた本には返却期限、ありますからね。

 

さて、内容です。

不登校で太っていて友達もいなくて何にも興味のない6年生の女の子が

たまたまみつけた時空がつながってしまっている小さな穴を通じて

終戦間際に生きる女の子と仲良くなり、学校にも行くようになり、

友達もできて、戦時中のことを調べ、

たくさんおやつを贈る為にはどうしたらいいか考えて・・・

 

両親の離婚、肥満、いじめ、不登校  

さらっとした内容のわりには結構詰め込んでいます。

ない方がいいですけど、実際はその辺によく転がっている話なので

主人公が変わっていく様子を

自分に重ねて見る子がひょっとしたら多いかもしれません。

 

戦争のことを伝える時、火垂るの墓はだしのゲン

「この世界の片隅で」も家にありますが、

原爆はうちの子たちにはまだちょっと強烈なので

このくらいがちょうどいいかなという感じ。

良いお話でした。

 

いくえみ稜の漫画は「清く柔く」とか、何冊か持っていますが

表紙もかわいいです。

うちの子は多分、表紙で選んだのでしょう。

でも、戦争を感じさせないタイトルに表紙の絵。

中身も重くないので、小学校高学年女子におすすめです。

今日は何を読もうかな。って、今日は柔道だった・・・

 

 

ママー、いい匂い!ってたまに言われるし言われたいけど

そういえばうちの子たち食いしん坊なんですけど

そういえばご飯作ってる時もいい匂い!って言ってますけど

揚げ物臭?それって揚げ物臭じゃないよねまきこまきでした。

 

烏は主を選ばない  阿部 智里

辞書、引いてますか。

ここ数年の私はスマホに頼りっぱなしで辞書なんて引いていません。

小学生の時の辞書、実家にあるかな?

鉄拳さんの足元にも及びませんが、

いや、何で名前を出すのってくらいなんですが、

私的に大作のパラパラ漫画があるんですよ。

上下左右に棒人間が移動。

水やタライが落ちてきたり・・・

ちょっとドリフ風味なのはしょうがないじゃない。

そんな年ごろなんですものまきこまきです。

 

小学3年生から国語辞書を使い始めるんです。

で、申し込みの袋を学校からたくさんもらってきました。

上の子の辞書を使わせようか・・・とも思ったんですが、

そこはほら、「舟を編む」、アニメもみたし本も読みましたから

各会社の辞書編集部の方たちの努力を知ったつもりになってますから

新たに購入しようかと。

 

それに、自分用ってうれしいですしね。

どちらかといえばちゃんと実物を確かめてから買いたい派なので

申込用紙は捨てて、図書館帰りに本屋さんに行ってきました。

スペシャルコースです。

 

そしたら、辞書、上の子の時と同じ会社でも中身が全然違うんですよ。

ほとんどの会社がカラーなんです。

それなのに金額はそれほど変わらないんですよ。

書体も変わって、すごく見やすくなってました。

実際使うのは私じゃなくて子供なので、

何種類もある辞書を全部見て、どれがいいか選ばせました。

チャレンジの国語辞書選んでいましたよ。

ほんと、見やすいし、見ていて楽しいです。

上の子も、いいなあと言っていました。

本屋に立ち寄る機会があったら是非、見てみてください。

 

あと、気になっていた「兄友」赤瓦もどむ 花とゆめ 白泉社

これ辞書と買ったら5000円になるってわかってたのに

既刊5冊、買っちゃいました・・・

で、上の子に先に読まれるっていうね。 

 

それよりも、本屋に行く前に待ちに待った図書館に行ってきました。

 

そう、予約していた、「烏は主を選ばない」、借りてきました。

 

柔道着のゼッケン付けをものすごい集中力(当社比)で終わらせ、

旦那が薪小屋の屋根をなおす手伝いもせず(無事終わったようです)、

ごはんも適当に済ませ、一気に読みました。

 

面白かったです。(本を読んでいるわりに語彙力がない)

 

今回の主人公は、前作「烏に単は似合わない」でちょっと気になっていたあの子。

あの、ちょっと可哀そうなあの子です。

 

前作で出てこなかった若宮がその時何をしていたのかっていう。

どんでん返しが楽しいですねえ。

雪哉も、ほんとカワイイ。カワイイんですよ。

男の子がいたらこんな子もいいなあ。

もう、お母さん、優しい気持ちで見守ってました。

 

最後、両想いなのにくっつかない恋愛話を読むときのような

じれったさでしたが

きっと、雪哉は続編にも出てきそうだから、また会おうねという感じです。

 

二回目はこれからですが、

言葉の裏に隠されたことを探したりとかが二回目の楽しみですよねえ。

 

3作目の「黄金の烏」は貸し出し中だったので、また予約してきました。

 

すぐ読んじゃうだろうことは分かっていたので、

子供と一緒にふらふらしていた児童書コーナーから数冊

簡単に読めそうな本を借りたので

これもまた読まないとです。

 

日曜日は旦那が競馬に勝ったから(ほんの少しだけプラス)

ケンタッキー買ってくれてうれしいけど

今度はお寿司なくらい勝てばいいねなまきこまきでした。

 

 

皆、オラにちょっとずつ有給を分けてくれな話

昨日の前の日(おととい)、風がとても強かったです。

家がミシミシ言うくらい。

旦那作の薪小屋、屋根が後ろの山にふっとんでて旦那ショック受けてた。

子供の柔道着、そろそろ二人ともひとつサイズアップしないといけなくて

背中のゼッケンを縫い直さないといけないんだけど

柔道着って生地が分厚くてすごく大変なんですよ。

うちにある安物ミシンじゃ、針が折れそうだから手縫い。

ホント大変だから、ちょっと丈が短くなってきてたのは知ってたけど見ないふりしてた

それなのに、そんな風の強い夜にやる気になってなってしまうまきこまきです。

 

まだ、しつけ止まり。来週の火曜日までに終わるんだろうか。

 

今日は午後から授業参観、夜は会社の花見だから

なんだか朝からやることいっぱいあってもやる気が出ませんよ。

 

花見って言っても、居酒屋で飲むんですけどね。

桜は先日の風で結構散っちゃってますが、会社の花見なんて飲み会の口実だから、

桜だろうが葉桜だろうが、なんならタンポポでも何でもいいわけです。

 

それより、授業参観ですよ。

 

まだ子供が小学生ですからね

下の子は特に、行くとものすごくうれしそうなので

やっぱり行かないとなあと思うわけですが

狭い教室に45分間立ってるってのも結構疲れます。

 

うちは2人いるから、5分の移動時間をとって20分ずつ見てるので

少し気分転換ができていいんですが

それでも、同じところに20分。座りたい年ごろ。

なんでコンサートではずっと立っていられるのか不思議。

 

授業参観後の学年懇談もPTAの全体会もあるから

終わるのが4時くらい。

飲み会があるから、図書館に出かけるにはちょっと時間がない。

子供のインフルエンザで使ってしまい、のこりわずかな有給

10月に有給が発生するまで、子供の予定以外で休めない・・・

一日休んで、本読みたい・・・

 

私ともう一人の子育て世代女性は、有給全部使い切って、あとは欠勤扱いにするしかないのに、

男の人たちは有給使わないで捨てちゃうのよ。もったいない。

休んでやりたいこと、ないんだろうか。

って、会社にとってはよく働いてくれる良い従業員ばかりなんですけどね。

 

でもさ、有給は労働者の権利なわけだから、

使って欲しいなと思うわけです。

国民性なんですかね。日本人は有給使わないっていうし。

使わないなら、ちょっと分けてほしいまきこまきでした。

 

子供の習い事の話

子供の習い事で夜が遅いともちろん朝は眠いよね

春眠暁を覚えずって言うけど昨日って30度超えたとこあるってさ

夏なの?春だよね?眠いよね?いつもかな?まきこまきです。

 

そう、昨夜は子供たちの習い事の日で。

うちの子二人とも女の子なんですけどね

柔道、やってます。

毎週火曜日と、隔週木曜日。

月謝千円。試合は年に1回。場所は警察署の柔剣道場。

スポ少みたいにバリバリじゃないから、親も比較的ラク。

でも、ちゃんと礼から教えてくれるし、

2時間の練習時間の半分は準備運動だから続いているのかも。

 

学校で配られた仲間募集のチラシを見て

当時4年生になったばかりの上の子がやってみたいと言ったのが始まり。

見学について行った下の子もやってみると言い出して。

周りの子はうちの子たちよりも体重が多めなので

ひょーいと投げられちゃうんだけれども

受け身も上手になったし意外とまじめに続けていてうれしい。

それにね、来月から新しい仲間も増えるんです。

3人も。

もともと人数少ないからうれしい。

もうちょっと低学年と中学年が入ってくれると

下の子も団体戦出れるんだけどなあ。

 

自分でやりたいと言ったことを続けるのってなかなか難しいと思うんですが

うちの子たちはそこそこ根性があるのも分かったし

社会に出ても、何とかやっていけるような地盤が出来たかも。

 

あと、チャレンジ。

上の子が、どうしてもやりたいっていうから、

あれって、塾と違って自分のやる気次第な感じだから、

学校の宿題終わってから時間があるのか

そんなに勉強したいのか

続けることができるのか

その為にはこれだけのお金がかかるってわかっているのか

と、3か月くらい話し合ってやらせることにしました。

まだ半年くらいですが、続いているようですよ。

下の子は、お姉ちゃんのやってることは全部やりたいみたいだけど

宿題でいっぱいいっぱいだから、ダメ。

 

東京にいる私の姪っ子は、習い事たくさんやっているみたい。

公文、そろばん、習字、バレエ、水泳。

自分でやりたいって言ったのかどうかわからないけど、

私だったらそんなに無理。

でも、続けているみたいだからすごいなと思います。

友達と遊ぶ時間なんてないんじゃないかなあ。

寝る時間は11時くらいらしくて

どこかの中学、お受験するって言ってた。

 

子供の可能性を伸ばすって意味では

いろいろやらせてあげたいなとも思うけど

押しつけになるのはいやだし、お金も大変だし。

この辺だとお受験なんて関係ないから、

とりあえずはやりたいって言ったことを

できる範囲でやらせてあげようとは思っています。

 

うちの子たちの就寝時間は9時。

柔道のある日は9時半~10時。

 

私も今日は10時に寝たいなあ

でも、柔道着を来週から二人ともサイズアップするのに

ゼッケン縫いなおしてあげないといけないし(下の子は裾あげも)

春に始まったアニメやドラマ、録画してるの見ないといけないし。

眠い日々は続く・・・

 

昼寝したいけど本も読みたいまきこまきでした。

 

カスタネット的な働き方

花粉のイキオイがだいぶ弱くなってきたから

会社のデスクに置いてあるアイボン

そろそろ持ち帰ろうかなどうしようかなまきこまきです。

 

日曜日に一気に咲いた桜が

会社のある郡山も自宅の本宮もキレイでついつい見てしまうから

気を付けて運転しなくちゃです。

 

 

私が働いている会社、20人以下の小さな半導体関係の工場なんです

大きい会社にはない、風通しの良い感じがいいです。

 

今の社長は、下の子を出産するまで長めに働いていた会社の営業部の上司で

前社長はその会社にいる時は製造部の部長をしていた方で

経験がものをいうモノづくりの工場なので、

職人さんも同じ業界内で転職する人が多いから

同業他社に知っている人もたくさん。

うちの職人さんには70歳の人もいます。

前社長も、先月70歳の誕生日を迎え、高齢受給者証が届きました。

 

毎月、眼科と骨粗しょう症と何かの病院に通う前社長

肥満気味で睡眠時無呼吸症候群もあるらしく

そのせいなのか年のせいなのか長く寝ることができず

朝、誰よりも早く来ます。

朝のミーティングが8時20分からなのですが

タイムカードの打刻を見ると

毎朝遅くても6時半。

朝礼開始までずっとソリティアで脳の活性化をはかっている様子。

 

やることもそれほどないので、フレックスタイム制を個人的に導入して

あとはよろしくーと3時くらいに帰っちゃう

 

そんな前社長のお友達(前の会社で営業部長だった)が

昨日、ふらっと来社。

前社長はたまたまお客さん(やっぱりお友達)のところに納品で外出中。

 

お茶を飲みながら、「前社長はカスタネット出勤かい?」

 

・・・え?

 

初めて聞いた言葉に少し考え、やっぱりわからないから聞いたところ

カスタネットって、ほら、タン・ウン・ウン とか、タン・ウン・タン・ウン

 って、休みながらたたくじゃないか、それ、それ。」

 

ああ、そういうことか。

70才だしね。

取締役だしね。

毎日何しに来ているんだろうっていうよりは

来てるってことは何か仕事をしているんだな

の方がね。

どちらかといえば印象良さそうですよね。

 

ちなみに事務員である私の前任者もきっちり70才まで働いて、

引継ぎ期間は約半年(その間に2回の入院あり)でした・・・

70才まで働いていたくないなあと思う

まきこまきでした。

烏に単は似合わない 阿部 智里 

コンサート疲れが今頃襲ってきて

仕事にならないぼんやりまきこまきです・・・

 

そう、せっかくの新潟だし、日本海沿いをひたすら走りたいという

目的のないドライブにつき合わされた旦那はさすがに運転疲れ、

帰りは私が運転しましたので、その運転疲れもあるんでしょうね。

私としては糸魚川まで行っちゃってもいいくらいの勢いだったんですが、

高浜海岸あたりで折り返しました。

 私の実家は福島県相馬市ってとこなんです。

松川浦と太平洋、両側に海を見ながら走る道が本当に大好きだったのですが

震災後まだ通れないので、海沿いの道をひたすら走りたいっていうね。

旦那には申し訳なかったけど、私は結構満足しました。

 

さてさて、本、大好きです。

子供たちも本が好きなんですが、

小学生の読む本ってハードカバーの高いのがほとんどで

たまーに新品、ほとんど古本屋で買ってあげたり。

保管問題もあるので、ここ数年はよく図書館を利用しています。

 

私もついでに借ります。

でも、面白い本って、自分の手元に置いておきたくなります。

一種の病気だと思います。

で、今回借りたのは、購入することに決めました。

 

「烏に単は似合わない 阿部 智里」

 

面白いです。

玉依姫」っていうのが新刊のコーナーにあって、

よく見たらシリーズものだったので、

貸し出し可能だった1冊目を読みました。

 

ファンタジーも、平安時代平安時代っぽい)も、ミステリーも大好き。

 

何ていうか、ちゃんと背景や細かい設定が考えられている、

リアリティのあるファンタジーは本当に面白いです。

 

最初の視点があせびでしたから、あせびの気持ちに入りすぎてしまったので

運命って信じるかい的な、ロマンティックな恋愛脳で読んでいたんですが

最後、若君出てきてあれあれーっという間の急展開に現実が見えてきて

ええええ・・・あせび(まだ切り替えてないから自分)、そんなんかい!

と、あせび(自分)に心底がっかりしたので、

入り込みすぎたゆえのビミョーな読後感でしたが、

そういう人、確かにいます。

 

ミステリーとしても良くできているので

分かってからの二回目も面白い。

 

2冊目の、「烏は主を選ばない」も、1冊目を借りた時に貸し出し中だったので

予約してて、戻ってきたって連絡が入ったけどまだ行けてないから

今週末が本当に楽しみ!

買うのは決めたけど、とりあえず借りて全部読みます。

全部読んだ後、これまた大好きなAmazon大人買いしてやりますよ。

・・・上の子の、修学旅行が終わったらね。

 

ロフトの両端にある本棚は既にいっぱいで(ほとんどマンガだけど)、

でっかい収納ケースも2段重ねになっちゃった。

宝くじ当たったら自分の図書室作りたいなあ

本棚たくさん、本を読むための椅子やソファーを何種類か。

 

その為には何年も買ってない宝くじを買わないといけないと思うまきこまきでした。

槇原敬之コンサートツアー2017

コンサートの余韻で口元がゆるみっぱなしのまきこまきです。
歩き方も浮かれていて、
子供から見ても不審者。

マッキーのコンサートBELIEVER
今回は桜が満開の新潟に参戦
前から3列目、ステージを正面に見て左側、あきやまさんの目の前でした。

素敵でした。
毎回、コンサートのオープニングでは心筋梗塞になりそうなくらいドキドキさせられますが、今回も、これから素敵なことが始まりますよーっていうような、素敵なオープニングでした。
あっという間の二時間半。
バックバンドのごうたさんも、まりえちゃんも、とみーさんもあきやまさんもてっぺーさんも、みんなみんな素敵。

少し歌い出しの声がうわずったり、歌詞を間違えて照れるようすも見逃しませんでしたよ。

コンサートのバックバンド紹介、恒例のあきやまさん劇場も連れて行った子供たち大喜び。

隣に座った、一人で参戦の新潟の方もとても良い方でした。
今日の二日目も行くみたい。
同じ曲で泣いてしまった、中身を出してまでグッズのバッグを良く見せてくれた、やさしい新潟の方、また、お会いしたいです。

ここで連絡先をさらっと交換できれば、きっと、マッキーつながりで素敵な話が出来るのでしょうね…
マッキーからの、新潟以外のどこから来たの
って質問でも、なかなか手をあげられない…

6月の郡山では、素敵な出会いを逃さないようにしたいと思うまきこまきでした。

コンサート終わったあと、新潟駅前で、新潟に嫁に来た中学からの友達に会いました。
せっかくの新潟なのに、美味しそうな居酒屋は混んでいて、結局村さ来

子供たちが眠そうで少しだけしか話せなかったけど、友達の元気で幸せそうな姿を見るのは嬉しいものです。

忙しさを理由に、年賀状やメールのやりとりしかしない友達ばかり。
人生折り返し地点。後悔しないように、もっと友達に会いに行く努力をしないとです。


そういえば、マッキーのコンサートツアーグッズにとうとう老眼鏡登場。
まだ、必要ないはずですが、ファンになって26年、たるんだ身体、霞がかかる記憶、グッズで自分の年齢を再確認。
マッキーったら、現実を見ろってことね。